忍者ブログ

マインのブログ

マインが何かを気まぐれに書く日記です。

[PR]

カテゴリー:

2017/07/26(Wed)19:41

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

ちょっと前進

カテゴリー:1日の出来事

2006/02/22(Wed)22:00


今日は少し自分のライブラリをいじってました。

今回付け加えた機能はウィンドウのスタイル。
ウィンドウの名前、サイズを指定する関数に1つ引数を増やし、
フルスクリーン
サイズ変更不可なウィンドウモード
サイズ変更可能なウィンドウモード
クローズボックスのないウィンドウモード
のいずれかを選択できるようにしました。

まあ、実際は上の2つができれば十分なんですがね。
下の二つはおまけです。

そして、ビルボードを少し改良。
DirectXは画像を読み込むとき、サイズを2の乗数として読み込みます。
100×100の画像なら128×128として読み込みます。
このときもとの画像を2の乗数サイズに引き伸ばすか
引き伸ばさないかを指定できるのですが、
2Dでは引き伸ばすとピクセル単位で画像の一部を描画しようとすると
端の部分がうまく表示されません。
(隣の画像が映りこんだり、端が表示されなかったり)
(この対処法は先輩に教えてもらいました)

しかし、3Dのビルボードでは同じ画像を1枚の板に
連ねて表示させるということがよくあります。
DQ7でいえば塔などの外壁がそうであると思います。
小さい画像のほうが使用メモリは少なく済みますからね。

これを実装するときに画像を引き伸ばさずに読み込むと
左端に画像がよった形になってしまいます。
これを連ねてやると、どうなるかは想像出来るでしょう。
つまり、ちゃんとつながって表示されません。
と、いうことで、ビルボードの際は引き伸ばすようにしました。
ピクセル単位での部分描画はできませんし、
先ほど書いた2Dのようなことがおきますが、
どうせ3D、カメラで写せば細かいところは見えません。
あとは画像の方をうまく作ってください。

さて、あとはSRPGのフィールドの作成です。
今のところフィールドはボックスで表現してるのですが、
これでは崖などの絵が貼れない事が判明しました。
よって、変更して側面、地面をボードでやろうと思ってます。
ちょっと処理がボックスより面倒ですが、どうにかなるでしょう。
というよりどうにかするしかありません。

それから誰か、キャラ絵を描いてください。
アニメーションもさせたいので横なり縦なりに
ぱらぱら漫画のように書いてほしいのです。
後輩に頼むかな。
やだ、とか言われたら自分で書くか、Xファイルのアニメーションをつけなければ。
・・・、やるとしたら3Dの画像を連続して出力するやり方かな。

拍手[0回]

PR

No.815|Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :